歯が痛い、しみる時の
歯科治療

何もしなくても痛い

むし歯がかなり進行している
可能性

むし歯が大きくなり、根管(神経)またはその手前まで達すると、何もしなくても歯が痛みます(歯髄炎)。神経を抜き(抜髄)、消毒する「根管治療」が必要になり、1ヵ月前後ほどの期間がかかります。保険適用です

むし歯が神経に到達したまま放置し、神経が死んでしまうと痛みはなくなりますが、虫歯は進行し続けます

この状態で放置し、治療ができないほど進行すると、歯を抜かないといけなくなってしまいます

痛む可能性として、歯の神経が死んでいても、歯の根に炎症を起こして膿んでいる状態(根尖性歯周組織炎)の可能性もあります。この場合も、根幹治療(神経の部分をきれいにする治療)を行います。

根管治療

親知らずが痛い

親知らずの周辺の歯ぐきが細菌に侵され、炎症をおこしているかもしれません。
親知らずの歯が痛くなる場合は、斜めに親知らずが生え、周辺の歯に影響を及ぼしているなど、
いずれにしても、抜歯になる可能性が高いです。
炎症がひどい場合は、抜歯よりも、炎症を抑える治療が先になる場合もあります。

抜歯は一度の来院ですが、その後、経過の診療があります。

治療したところが痛くなってきた

むし歯の治療の時、歯を削ったり、神経の近くを触れて刺激すると、しばらく痛みが発生する場合があります
特にむし歯が深く神経に近い場合、痛みが出やすかったりします。
診療後、あまり時間が経過していないのであれば、しばらく様子をみます
しばらく経っても痛みが引かない場合は、「根管治療」が必要な可能性があります。
また、詰め物・被せ物が高くて、かみ合わせの問題で痛みがでてくることもあります。その場合、かみ合わせの調整をします。

冷たいもの・熱いものが
しみる

むし歯

歯の表面のエナメル質がむし歯で溶けて、穴があいているとしみることがあります。
冷たいものがしみるうちは比較的、初期段階のむし歯ですが、熱いものがしみはじめると神経まで炎症が進行している可能性があります。
むし歯は進行具合によって治療が変わります。

  • むし歯が初期段階で小さい場合:むし歯の部分を削って詰め物をいれる(CR)
  • むし歯が大きくなっている場合:むし歯の部分を削って詰め物をいれる
  • むし歯が神経の近くに到達している場合:神経をとる治療(抜髄)

神経までむし歯が進行しているかも(歯髄炎)

熱いものがしみる場合は、むし歯が進行し、神経まで炎症をおこす「歯髄炎」の可能性があります。
この状態を放置していると、神経が死に、歯の根元まで炎症が広がってしまいます。

神経を残すのか、神経をとる抜髄の治療にするのか、症状によって変わってきます。

歯髄炎

知覚過敏

歯の表面のエナメル質は、外部からの刺激から歯を守ってくれます。
間違った歯みがきや加齢、またストレスによる歯ぎしりなどで、歯の表面のエナメル質が削れて、内側の象牙質がむき出しになると、象牙質は外からの刺激(冷たい、熱いなど)を神経に伝えてしまうので、痛みを感じます。これが知覚過敏です。

知覚過敏の治療は、

・正しいブラッシング
・薬で露出部分のコーティング
・露出部分を覆う(ボンディング)などがあります。

治療期間は、数回の治療で終了します。保険適用です。

知覚過敏

少ししみるぐらいだからと放っておいて、むし歯が神経にまで到達してしまうと、神経を取る治療を行わなければなりません。
神経を取ってしまうと、歯の寿命が大幅に縮まってしまいます
できるだけ早めの診療をおすすめします。

噛んだ時に痛い、
違和感がある

歯周病

歯ぐきが細菌感染によって炎症をおこしている状態です。進行すると歯を支える骨が溶け出してしまいます。結果として、歯ぐきがやせ下がって、歯が弱ってきます。進行がすすむと歯が抜けてしまうこともあります。

初期の歯周病は、自覚症状がほとんどありません。歯が痛く、しみたりする場合は、歯周病がかなり進行している可能性が高いです。

歯周病

歯周病は軽度、中度、重度に分けられます。

  • 軽度:歯ぐきが少し腫れたり、出血があります
    治療方法:
    歯科衛生士のブラッシング指導と数回のクリーニングで回復します
    治療期間:約1ヵ月
  • 中度:出血、口臭のお悩みや歯のぐらつきがあります
    治療方法:
    歯の表面、歯周ポケットの歯石をとります。歯周ポケットに歯石が入り込んでいる場合は外科手術が必要です
    治療期間:約3ヵ月
  • 重度:歯ぐきが赤く腫れ、化膿しています。歯のぐらつきも大きく、歯を失ってしまうかもしれない危険な状態です
    治療方法:
    症状によっては外科手術が必要です。治療しても手遅れの場合もあります
    治療期間:約6ヵ月(お口の状況による)

歯周病の治療費用は、基本的に保険適応ですが、外科手術は、自費の治療の場合があります。

歯周病は誰でもかかり得る生活習慣病のひとつです。
はじめは自覚症状はありません。
重症化すると、歯を失ってしまうこともあります。
少しでも違和感を感じたら、ご相談ください。

歯に無理な力がかかっているかもしれません(咬合性外傷)

歯の根っこや歯ぐき、歯を支えている骨などに、無理な力がかかり、歯が痛いことがあります。

放っておくと、

・歯が削れていく
・歯が折れる
・歯周病の促進

など、歯が取返しのつかないことになってしまいます。
歯が折れた場合は、抜歯に至ることもあります。痛みを感じる時は早期に治療することをおすすめします。

治療方法は、かみ合わせの調整(咬合治療)や歯ぎしりを抑えるマウスピース治療法などがあります。

咬合性外傷

詰め物が取れかかっているかも

歯の詰め物が取れる原因として、
治療のあと長年の歳月をかけ、中でむし歯が大きくなっている、金属や接着剤の劣化などが理由で、
金属の詰め物が取れかかっていると、詰め物の金属と歯が擦れ合い、痛みが発生します。

詰め物を取り除き、患部をきれいにした後、新しい詰め物を作製し、取り付けます。
基本的に保険適用の治療ですが、自費のセラミックの詰め物も選択できます。

無料カウンセリングを
おこなっています。

    痛くない治療にこだわり、お口のお悩みについて、疑問や不安・治療内容について相談を受け付けています。 お気軽に何でもお問合せください。

    ※各種保険対応しております

お電話でのご予約はこちら

野田阪神アルプス歯科のアクセス・診療時間

イオンスタイル野田阪神4階

まずはお気軽にお問合せください!

医療法人悠生会 野田阪神アルプス歯科

〒553-0001 大阪府大阪市福島区海老江1丁目1-23
イオンスタイル野田阪神4階

1/5 OPEN!12月から予約開始、駐車3時間(土日2時間)無料、野田阪神駅直結

各種保険診療取扱い

デンタルローン利用可

電車でのアクセス

大阪メトロ千日前線「野田阪神駅」直結
阪神本線「野田駅」直結
JR東西線「海老江駅」徒歩3分

  • 電話で診療・相談のご予約
  • Webご予約
  • 海老江・野田阪神・福島区で歯科/歯医者なら野田阪神アルプス歯科にご相談ください!