歯を残すための治療

その歯は抜かずに残せるかもしれません

アルプス歯科では歯をできるだけ残すことを最優先に考え、治療に取り組んでいます

永久歯は失うと元に戻すことはできません。
他の医院で「抜歯」と診断されるケースでも、できる限り歯を残せるように様々な治療方法をご提案することができます。

それは精密な治療を行うことができ、高い技術を持つ歯科医院だけの治療方法で、

  • 歯根端切除術
  • 意図的再植法
  • エクストリュージョン
です。

歯根端切除術とは:
歯の根の病巣で歯を抜かないといけない場合

歯根端切除術について

歯根端切除とは、歯の根っこに病巣があったり、通常の根幹治療では取り除けないような根の尖端に感染部分がある場合に行われる治療方法です。

歯根端切除術は、歯から膿を取り出すのではなく、歯茎の方から膿のたまった病巣を取り除き充填します
外科的な処置になりますが、成功すれば歯を残すことができます

治療の対象
  • 根管治療をすでに行ったが、痛みや腫れが続いている場合
  • 歯の根が曲がっているなど、根管治療を完全に行うのが難しい場合
  • 歯の土台を外して中の治療を行うことが難しい場合
  • 被せ物をセラミックでおこなっている場合など、被せ物を外したくない場合

精密な治療を要求される
歯根端切除術

むし歯が神経にまで至った場合、歯の神経を取り除く「根幹治療」を行います。しかし歯の根の部分に感染が残り、膿が溜まると強い痛みと炎症が起こることがあります
(「根尖病巣」や「歯根嚢胞」)

そのような症状が根幹治療で改善しなかった場合、歯の根の先にある病巣を取り除くことができないために抜歯と診断されることが多いのですが、当院ではマイクロスコープを用いることにより、感染部分を取り除く「歯根端切除術」を行うことができます

マイクロスコープは患部を拡大し目でしっかり確認しながら精密に治療することが可能です。
マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)の導入より、「抜歯」という最悪のケースを避け歯を救える可能性が飛躍的に高まりました

※マイクロスコープとMTAセメントを用いて適切な処置が行えた場合、抜かなくてすむ確率は94%であるとペンシルバニア大学の臨床研究により報告されています。(ex. Setzer FC et al. 2010)

マイクロスコープ

治療の流れ

歯根端切除術は、歯からではなく、歯ぐき側から直接、歯の根の先の患部を取り除く外科処置(歯ぐきを切開し骨を削ります)を行います。

※歯や根の部位によって処置できない場所があります。

歯根嚢胞の検査・診断

歯根の状態や病巣の大きさを確認します。歯根が感染し膿が溜まっています。

感染部分の除去

麻酔した後、歯茎から穴を開け、膿が溜まっている部分(根尖部)を取り除きます。
マイクロスコープを使用します。

根管を封鎖

感染部を取り除いたあと、歯の根の先を切り、MTAセメントという殺菌力と骨と歯を再生する力のある素材を詰めます。

経過観察

治療後、時間をかけて感染部の骨が再生していきます。

歯根端切除術

治療期間
  • 10日〜2週間程度(1回目に治療、2回目に抜糸を行い完了です)

※半年後に検査

費用
  • 前歯・小臼歯:74,000円/1歯 (税別)
  • 大臼歯:87,000円/1歯 (税別)

※MTAを用いた歯根端切除術は自費診療です。

意図的再植:歯の根の病巣で歯を抜かないといけない場合

意図的再植について

再植は事故などで歯を失ってしまった場合、歯を再び元の場所に戻す治療です。

意図的再植とは、治療のために一旦歯を抜いて患部を治療し再び元に戻すことです。
一度抜くことにより、治療できなかった悪い部分をじかに治療できるため、 歯を残せる可能性がでてきます

歯の根は歯根膜という細胞の膜で覆われています。この膜の細胞が生きている限り一度抜いても高い確率で元に戻すことができます。 歯根膜の組織が死なないように抜いた歯はすぐに細胞培養液に保存し、1時間以内に治療を終了させます。
再根幹治療や歯根端切除術が適応できない場合の選択肢です。

治療の対象
  • 歯の根に病巣ができて歯を抜かなければいけないと言われた方
  • 歯の根が割れて、歯を抜かないといけないと言われた方
  • 歯根端切除術ができない場合、
    例えば下顎の奥歯や病巣が骨の内側にある場合

歯を残す最後の手段

意図的再植は対応している歯科医院が少ない治療法です。
条件が合えば、失うかもしれない歯を88%の高確率で歯を残せる治療方法です。 歯ぐきや骨を削ることもないので治療中の後も痛みはほとんどありません

ただし歯の根が吸収されてしまったり、まれに歯を抜く時に歯が割れてしまう場合があります。またうまく歯がくっ付かず抜けてしまう可能性もあります。

意図的再植は適応する条件が限られています
あくまで歯を抜かなければならなくなった歯の最終手段の治療です。

※意図的再植の成功率(5年後に残っているか)は、88%であるというメタ解析による報告があります。
(e.g. Dr. Heidrun Schaaf, IMJH. 2016 May;Vol-2, Issue-5.)

※メタ解析とは、複数の関連論文をまとめて分析することで、より信頼性を高くする手法です。

治療の流れ

抜歯

歯を抜き、細胞培養液に浸し保存します。

歯根の治療

抜いた歯の根をマイクロスコープを用いて、患部を取り除き、治療します。

病巣の除去

抜いた歯が埋まっていた部分の病巣を取り除きます。

再植

抜いた歯を元に戻します。

意図的再植

治療期間
  • 経過観察を含め約3ヵ月
費用
  • 1歯:102,000円 (税別)

※意図的再植は自費診療です

エクストリュージョン:歯が歯ぐきに埋もれてしまった場合

エクストリュージョン(歯根挺出)について

エクストリュージョンとは、歯を矯正的に引っ張り出す治療です。

むし歯が進行し歯ぐきの下に歯が埋もれてしまったり、歯が折れ、歯の根の部分が歯ぐきの中に残っている場合、被せ物をすることができません。 一般的に抜歯と言われることが多くありますが、「エクストリュージョン」で歯を引き出し、被せ物を作ることができます

治療の対象
  • 歯が割れてしまったり、むし歯などが原因で歯ぐきより下に歯の表面がある場合
  • 前歯

エクストリュージョンの特徴

歯の上部部分(被せ物も含む)が失われ、歯の根っこだけが歯ぐきに残っている状態です。針金とゴムを使って、歯ぐきの中にある短くなってしまった歯の根っこを引っぱり出し、引き上げた歯根に被せ物をします。

エクストリュージョンは、ご自身の歯(歯の根っこ)を有効的に活用できる方法です

※リスク
歯の根の長さが短くなるので、負荷に弱くなる可能性があります。
状況によっては、処置後に歯ぐき及び骨の形を調整する場合があります。

エクストリュージョン
治療期間
  • 3ヵ月程度(引っ張り上げる程度による)
費用
  • 100,000円(税別)
  • 調整料:3,000円(税別)

※エクストリュージョンは自費診療です。

よくある質問

Q:痛みはありますか?

A:弱い力で引っ張り上げるため、痛みはほぼありません。
ただ、はじめの数日は違和感を感じる方が多いです。

Q:治療中の見た目はどの様になりますか?

A:仮歯をつけて、装置は見えないようにするのでご安心ください。

歯を残すことをあきらめる前に一度ご相談ください

    「歯の根の病巣がある」「歯が歯ぐきに埋もれてしまった」などの症状で「歯を抜かなければならない」と診断された方でも歯を残すことができる場合があります。

    アルプス歯科では、患者さまの歯を残すことができるように、高い技術と設備をもって「歯を残す治療方法」をご提案します。歯を抜く前に当院まで一度ご相談ください。

お電話でのご予約はこちら

野田阪神アルプス歯科のアクセス・診療時間

イオンスタイル野田阪神4階

まずはお気軽にお問合せください!

お電話でのご予約・お問合せは06-6225-8120 24時間受付中 WEBご予約はこちら! webでのお問合せはこちら 野田阪神アルプス歯科の診療時間

医療法人悠生会 野田阪神アルプス歯科

〒553-0001 大阪府大阪市福島区海老江1丁目1-23
イオンスタイル野田阪神4階

1/5 OPEN!12月から予約開始、駐車3時間(土日2時間)無料、野田阪神駅直結

各種保険診療取扱い

デンタルローン利用可

電車でのアクセス

大阪メトロ千日前線「野田阪神駅」直結
阪神本線「野田駅」直結
JR東西線「海老江駅」徒歩3分

  • 電話で診療・相談のご予約
  • Webご予約
  • 海老江・野田阪神・福島区で歯科/歯医者なら野田阪神アルプス歯科にご相談ください!